サーバ

さくらのクラウドでLXDを使っているのですが、LXDのコンテナに直接グローバルIPアドレスをつけたり、ローカルスイッチのIPアドレスを直接つ
FreeBSD12.2でjail+epair+bridge(VIMAGE)使用の環境でkernel panicが起きたのでメモ。 環境 vtnet0 => bridge0 => epair0a
毎回忘れるので個人用のメモ書きとして残します。 FreeBSD crash dumpの取り方 /etc/rc.conf にdump設定を入れる dumpdev="/dev/vtbd0p3" dumpdir="/var/crash" dumpdevはswap領域を割り当てる。 sw
過去に個人的にメモってたもの。 Apache 2.4でもmod_access_compatを使えばAllow DenyでACLを設定できる。 Apache2.2 -> 2.4 ACLの書
よく使う、よく忘れる個人的なネットワークコマンドのメモです。 調べる 操作 Linux FreeBSD インターフェイスの確認 ip link show ifconfig -l インターフェイスの確認(アドレス含
この記事はさくらインターネット Advent Calendar 2020 13日目の記事です。 ワンタイムURLを使ったコンテンツ保護 特定多数にコンテンツを配信したい場合、パスワー
Qiitaから移動させたコンテンツです。 S3 + CloudFront で画像などを配信することが多いと思いますが、配信先が国内限定であれば S3 + ウェブアクセラレータの
Qiitaから移動させたコンテンツです。 i# Ubuntu 18.04での設定メモ 個人的にUbuntuのバージョンが変わって気になったところをメモしておく。
Qiitaから移動させたコンテンツです。 さくらのクラウド ウェブアクセラレータでLet’s Encryptを使ってみよう。 追記(20
Qiitaから移動させたコンテンツです。 某所でkeepalivedを使い、VRRP構成+LVSでのロードバランサとして使用している。 このロー